トップ > 星耕硝子(秋田)

星耕硝子(秋田)

星耕硝子(秋田)

星耕硝子

秋田の仙北平野に工房がある星耕硝子。民藝の教科書(グラフィック社)でも紹介されていますが、伊藤嘉輝(いとうよしてる)さん、亜紀さんご夫妻で運営されています。吹き手はご主人の嘉輝さん。倉敷ガラスの小谷真三さんに憧れて職人になったとのことです。 作家としてよりも職人として製作に取り組む伊藤さんの姿勢に久野さん(もやい工藝の故久野恵一氏)が共感し、民藝としてのガラス工芸を担う職人の一人として期待していました。小谷さん同様、スタジオガラスですので全てを1人でこなします。また用いる硝子は主に再生硝子です。

特徴

吹きガラスと言っても特徴や味わいは作り手、工房により全く異なります。星耕硝子の硝子は沖縄の奥原硝子のものと比べると薄造りで軽く、優しい印象です。また、ひとつひとつのつくりが丁寧で、焼き切りの跡がわからないくらい丁寧にバーナーを当てた美しい仕上がりも伊藤さんの素直で真面目な人柄ならでは、の特徴です。

魅力

憧れである小谷真三さんと同じ素材を使い、手法も真似てつくるため似た雰囲気ではありますが、出来上がるガラスは伊藤さんにしかつくることのできない造形となってあらわれます。小谷さんも大きく評価しているという伊藤さんのガラスは、柔らかい色合いと水が流れるような曲線が魅力。機械で大量に生産されるガラスとは全く異なる、あたたかさを感じられるガラスです。

星耕硝子を訪問したレポートはこちら

星耕硝子
星耕硝子

秋田の仙北平野に工房がある星耕硝子。民藝の教科書(グラフィック社)でも紹介されていますが、伊藤嘉輝(いとうよしてる)さん、亜紀ご夫妻で運営されています。吹き手はご主人の嘉輝さん。倉敷ガラスの小谷真三に憧れて職人になったとのことです。 小谷さん同様、スタジオガラスですので全てを1人でこなします。また用いる硝子は主に再生硝子です。吹きガラスと言っても味わいは作り手、工房により全く異なります。星耕硝子の硝子は沖縄の奥原硝子のものと比べると薄造りで軽く、優しい印象です。口あたりもまろやか、という声も聞こえ、好評を博す作り手です。

全29件

トップページへ