小鹿田焼とは


小鹿田焼概要

小鹿田焼は1705(宝永2)年、日田の代官により領内の生活雑器の需要を賄うために興されたもので、大鶴村(現在の日田市)の黒木十兵衛が、小石原村(現在の福岡県朝倉郡東峰村)から小石原焼の陶工柳瀬三右衛門を招き、坂本家がそのための土地を提供したのが始まりとされる。以来、窯元の数に変動はあるものの、黒木、柳瀬、坂本の三家体制は変わっていない。また、長男が窯を継ぎ、弟子や職人を置かない一子相伝の原則も開窯以来受け継がれ、現在は10軒の窯元がある。

近年、日本を代表する民陶の里として、全国から注目されるようになった小鹿田焼に最初に光を当てたのは民藝関係者だった。柳宗悦が1931(昭和6)年に記した著書『日田の皿山』の中で「世界一の民陶」と賞賛し、1954(昭和29)年にはバーナード・リーチが3週間ほど滞在した。小鹿田の陶工たちは、リーチからピッチャーのハンドル付けなどを学び、このときリーチの身のまわりの世話をしたのが、かつての名陶工の坂本茂木さんだった。

小鹿田焼の歴史は300年といわれるが、そのほとんどは農業用などの大物の容器で本格的にうつわづくりがおこなわれるようになってからは、まだ半世紀ほどである。その頃はちょうど民陶ブームの前後で、坂本茂木さんを中心に古伊万里などを参考にして見よう見真似で始まった。最初は模倣から始めるが、完成したものは縁や高台、反りの具合などのかたちや技法、装飾などすべての面において見本よりもすぐれ、なおかつそれはきちんと小鹿田焼の土質や製法を踏まえたものとなった。茂木さんのつくったものがそのまま、その後の小鹿田焼のうつわの原型になったといっても過言ではない。

小鹿田焼の陶芸技法は1995(平成7)年に国の重要無形文化財に指定された。2008(平成20)年3月には地区全体(約14ヘクタール)が「小鹿田焼の里」の名称で重要文化的景観として選定され、柳宗悦が『手仕事の日本』で「九州に窯は沢山ありますが、おそらくこの日田の皿山ほど、無疵で昔の面影を止めているところはないでありましょう」と書いた風景もまた、ほぼそのまま残っている。作業場の中ではいまではめずらしくなった蹴ろくろによる成形や釉薬掛け、そして登り窯による窯焚きなど、現代の日本では見られなくなった光景が存在している。


唐臼

小鹿田焼の陶土を搗くための臼は「唐臼(からうす)」と呼ばれるもので、ししおどしのように受け皿に溜まった水が受け皿ごと落ちる反動によって陶土を挽いている。唐臼は、竿と杵と臼からできており、竿は根元をくりぬき水流を受けて先端の杵を動かして臼の中の陶土をつく。元々は人が杵を踏む「踏み臼」が精米などに使われていた。小鹿田皿山の唐臼は全国でも珍しい川の水力を利用したしくみで、「ギギィ・・・ゴトン」と昼夜を問わず刻み続けるその音は「残したい日本の音百選」のひとつに選ばれている。


小鹿田焼の代表的な装飾技法

・飛び鉋

ろくろを回転させながら、かたづくりを終えたうつわにL字型の金具を当てて表面に刻みを入れていく技法。兄弟窯の小石原焼にも同じ技法が使われるが、小鹿田の土のほうが黒みがちなため、白と黒がより際立つ。さらに、小鹿田の土のほうがかたく、鉋が鋭角に入る。つまりその土質ゆえに、飛び鉋に関しては小鹿田焼のうつわのほうがより映える。

・指描き

かたづくりを終えて化粧掛けしたうつわに、化粧土が乾ききらないうちに指先で曲線を描いていく技法。
(上の写真の例では、中央の波線の部分)

・打ち刷毛目

ろくろを回転させながら、かたづくりを終えたうつわに化粧土を塗布した刷毛を打ちつけていく技法。

・櫛描き

かたづくりを終えて化粧掛けしたうつわに、化粧土が乾ききらないうちに櫛状の道具で波型の模様をつけていく技法。

・流し掛け

スポイトなどに入れた化粧土や釉薬を、一定の高さから垂らすように掛けていく技法。

・打ち掛け

ひしゃくにくんだ化粧土や釉薬を、水をまくように勢いよく打ち掛けていく技法。

代表的な釉薬

釉薬の原材料には木灰(雑木を焼いたかまどの灰)をはじめ、藁灰、長石(ちょうせき)などがあり、ほとんどを窯場に近いところで採取している。

・透明釉(フラシ釉)
名前の通り透明な釉薬。金属成分を加えることで多彩な色の釉薬になる、各種釉薬のベースでもある。

・ 青地釉(緑釉)
透明釉に酸化銅を加え、酸化焔焼成することで緑色を出す釉薬。


moyais取扱いの窯のご紹介

柳瀬朝夫窯
祖父の熊蔵から陶技を学ぶ。仕事熱心で訓練度が高く、小鹿田焼が持つ素朴さをもっとも体現できるつくり手。朝夫さんの作るうつわはおおらかで、土着的な小鹿田本来の力を感じる。

坂本浩二窯
坂本家は代々腕のいい家系。25歳のときに日本民藝館賞を受賞するなど、日本最高の陶工のひとりに数えられる。小鹿田焼伝統の大物づくりの継承者である。

黒木富雄窯
当主の富雄さんと後継者の昌信さん2人で作陶している。現代の暮らしに合った新作民藝に積極的に取り組んでいる。

坂本義孝窯
先々代がいったん陶業からはなれたが、義孝さんの代で再興し、親戚にあたる黒木利保のもとで修行。つくりが厚手なのが特徴。長男の庸一さんが後継者。

参考文献:グラフィック社 民藝の教科書 ,Δ弔

トップページへ